日蓮宗妙行寺は加藤清正公のご生誕の地です。
清正公と日蓮宗
加藤清正公の略伝です。
妙行寺の宝物と什宝について。
年中行事のご案内です。
ご祈祷についてのご案内です。
オートバイ用のお守りを扱っています。
当山、上人の日記です。
妙行寺の縁起

 当寺は日蓮宗正悦山妙行寺といい、昔は此の地より二丁程東方にありて、正起山本行寺といい真言宗の大伽藍地なり。永人二年日蓮宗の僧日像菩薩京都弘通の為御通行の折受法し、日蓮宗に改宗す。その後堂宇悉く焼失し、年経て天文年間日勢上人正悦山妙行寺と改め再建す。今の山号寺号これなり。

 慶長十五年加藤清正公、家康公の命に従い諸大名と共に名古屋城築城の折、その余材と普請小屋を貰いうけて、妙行寺を清正公誕生の地に移し、ご先祖ご両親の菩提をとむらう為に再建す。清正公堂に安置せる御肖像は、肥後本妙寺第三世日遥上人の作なり。上人の父は朝鮮慶尚道河東の人、姓は余、名は寿禧、字は天甲という。上人は十二才の時清正公に虜われ、日本に連れ帰らる。上人は清正公の御仁徳を慕い、本国に帰るを欲せず、出家して日蓮宗総本山身延久遠寺修行し、後に清正公の建立せる熊本本妙寺の第三世住職となる。人呼んで高麗遙師という。慶長十六年六月二十四日清正公御逝去の後、日遙上人は清正公の御尊像二体を彫刻し、その一体を本妙寺に安置し、他の一体を清正公誕生の地妙行寺に寄贈さる。清正公堂に安置せる御尊像之なり。
 因に山門を入ると右に鐘楼堂、正面には清正公の銅像が魏然として聳えている。昭和三十五年四月、清正公三百五十遠忌の際、清正公奉賛会により建立されたものである。
加藤清正公のご紋

加藤清正公のご紋「蛇の目」加藤清正公が「蛇の目」と「桔梗」との二つの紋を併用するようになったのは、天正十六年五月、肥後半国に封ぜられてからである。豊太閤秀吉は清正公を呼び、肥後半国と讃岐の両国のうちから一つを選ぶようにいった。というのは、肥後国の領主佐々成政は秀吉の怒りにふれて切腹させられ、讃岐の領主尾藤藤甚右衛門知定もまた秀吉の怒りを買い北条に逃げいずれも欠所になっていたからであった。尾藤知定は秀吉に仕え功を重ねて讃岐の領主となったが、九州征伐の折、秀長の軍に加わったものの、秀長にそむき軍を動かさなかったのが原因といわれている。知定女婿の石田三成を頼ったが、三成が拒んだ為北条に逃げた。天正十八年、秀吉が北条を討伐した後、髪を剃って秀吉に降ったが許されず惨殺された。

加藤清正公のご紋「桔梗」 肥後半国を与えられたとき、清正公はまた二十七才。三千石の侍大将から、いきなり二十五万石の大大名になったので、武具や調度など足りるわけがない。そこで秀吉は、清正公肥後に赴任するに当たって、この尾藤の武具、調度一切を与えた。このときから、清正公は蛇の目。一重菊の加藤の紋と、尾藤の桔梗、折墨の紋を併用することになったといわれている。




日蓮宗 正悦山「妙行寺」
453-0053 愛知県名古屋市中村区中村町字木下屋敷22
052-412-3362
お急ぎの場合は携帯電話(090-3256-9928)までご連絡ください。
お問合せリンク